トラットリア・ダ・フィオレッラ ~両親を連れて海外旅行(イタリア編)~  旅行・お出かけ部門

第一回プラチナブロガーコンテスト

 ピエンツァは、シエナの南、モンテプルチアーノとサン・クイリコ・ドルチアの間、
トスカーナの雄大なパノラマを見晴らせる小高い丘の頂上に建てられたとても小さな町。
 時のローマ法王ピウス2世が1459年に生まれ故郷を「理想の街」とするべく、
街の名前をピエンツァに替え、ルネッサンスを代表する建築家のベルナルド・ロッセリーノに
設計を依頼、3年間計画で街を自分の理想の街に造り替えようとした。
しかし、1461年にピオ2世とロッセリーノが亡くなり、街は未完成のままに終わった。
それでも現在までにピオ2世の理想に限りなく近い街が現存している。
1995年12月にピエンツァは世界遺産に登録された。
d0039999_14554399.jpg
d0039999_14561389.jpg

 今日は、このピエンツァにある『Trattoria da Fiorella』で昼食
旅行会社に予めリクエストしていたレストランだ。
住所:Via Condotti, 11 Pienza (SI) Italy
℡:+39 0578 749095
営業時間:12:00-15:00 / 19:00-22:00

 12時に着いたので、まだ他にお客さんがいない。
イタリアでは13時ころから昼食に来る人が多いようだ。
でも、日本人の我々にとっては、食事時間をいつもどおりした方が良い。
夕食も20時頃だと、就寝時間が遅くなるので、どんどん疲れがたまってしまうのだ。
d0039999_14544233.jpg
①トマトのブルスケッタ 4.50ユーロ
 トマトが新鮮!オリーブオイルをいっぱいかけて。
d0039999_14515895.jpg

②自家製手打ちパスタ(ビーチ)とトマトとにんにくのソース  9.00ユーロ
 うどんのようなもっちりしたパスタで、1本1本が短くねじれているので、ソースによくからみ美味しい。
d0039999_14534272.jpg

③牛肉のタリアータ  19.00ユーロ
 キアナ牛の薄切りステーキをミディアムで。ハーブソースと塩コショウでさっぱりしていて、
両親にも好評♪
d0039999_14531223.jpg


④パンナコッタ 7.50ユーロ
ホワイトワインのソースとクルミがのっている。
ソースの香ばしい香りとクルミの食感、チーズの濃厚な味がマッチして美味しい。
d0039999_14541278.jpg

 昼食後は、トイレを忘れずに。
ちなみに、ここのトイレは鍵にクセがある。
母がトイレに入ったときに、鍵の開け方が分からなくて、ガチャガチャしていたら、
外から店員さんが「左に2回回して」と教えてくれた。
ヨーロッパの鍵は難しいことがあるので、注意!

d0039999_14564301.jpg

【チチ・ハハ連れての旅ポイント】レストラン
①食事はヨーロッパ時間ではなく、日本時間で。
②肉は食べやすいサイズのがあったら注文
③トイレは必ず入っておこう。



[PR]
by hippi277 | 2016-09-19 12:34 | イタリア | Comments(0)

渡航回数30回以上、21か国。旅のスタイルは一人旅、友達旅、家族旅など様々。社会人。有給休暇を使って世界を巡ります。


by ひっぴ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31