睡眠欲よりも食欲

 ホテルを出て少し歩いていくと、大勢の観光客で賑わっていた
ここは La Petite Venise という界隈で、コルマール一の観光名所なのだ
そして私が宿泊するホテルは、この運河沿いに建てられた16世紀の建物
オーナーがおっしゃるには、「コルマールで一番写真に撮られている家」だという
d0039999_11423173.jpg

  確かにこの風景は、雑誌やHPでよく見ていた
日本にいるときは、自分がこの場所にいることなんて想像ができなかったのだけど
快晴のもと、この風景の中で立っていると「本当に来たんだー」と実感
とってもうれしくて27時間の疲れなんて吹っ飛ぶってもんよ!

 と、同時にお腹も空いてきた


。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*。.:


La Petite Veniseに面した『Winstub La Krutneau』へ
d0039999_1146166.jpgd0039999_11462680.jpg








 【Tarte Frambee Nature】 と 【Verre Riesling】
d0039999_1146475.jpg
 薄くのばしたパン生地の上に、フロマージュブランと生クリーム、ベーコン、たまねぎを散りばめたピザのような軽食

 せっかくなので何かワインでも・・・
お店の兄ちゃんに聞いてみたら
「Rieslingだね。アルザスの美味しいワインだ」
というので、グラスで注文

 
 タルトフランベは、石釜によるパン製造から生まれたもの
ボージュ山脈の麓にあるアルザスの田舎では、薪で高温にした石釜でパンを焼く習慣があったが、石釜を高温にするまでの時間は、あまりにも長い
そこで、石釜が熱くなるまでの間に余りのパン生地に玉 ねぎなどの具をのせて焼いたのが、タルトフランベなのだそうだ

d0039999_1150256.jpg

           お腹もココロも満たされたけど、まだ続くながーい一日
                      
[PR]
by hippi277 | 2007-09-16 11:40 | アルザス | Comments(0)

渡航回数30回以上、21か国。旅のスタイルは一人旅、友達旅、家族旅など様々。社会人。有給休暇を使って世界を巡ります。


by ひっぴ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31